読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製薬企業MRのためのギャオスの部屋

現役MRのギャオスが、製薬企業のMRという職業について語っていきます。営業の方のスキルアップにもお役に立てると思う情報を公開していきます。

13、MRの内勤業務(日報編)

皆さん、おはようございます!

ギャオスでございます!

 

今日もタイトルにございますようにMRの内勤業務についてかかせていただきます!

 

その中でも、日報にフォーカスを当ててお伝えしますね!

 

日報とは何か?

これはMRが仕事内容を会社に報告するものです。

 

もう何度かお伝えしましたように、

MRは自由に自分の仕事内容を選んで行動することができます!

その分、MRが何をしたのかというのは非常に不透明になりやすいのです。

つまり、MR活動のブラックボックスの中身を明らかにすること、、これが日報です。

 

具体的には

卸店訪問で、どのMSさんとどんな話をしたか?ex)〇〇医療機関の〇〇という情報を得た。自分が共闘している施設で何をしたか伝えたり。

 

医療機関や薬局(門前薬局・院内薬局)で

どの顧客にどんな話をしたか?

以上のような話が主になるかと思います。

 

MR業務で難しいのは内勤業務と外勤業務のバランスを保つことです。

外勤だけがんばって内勤業務をおろそかにしていると、「アイツは報告もせずに、仕事をしていない」という評価になりかねません。

 

対照的に、会社からうるさく言われるから内勤業務ばかりしているMRは良い結果が出るわけもなく、「あいつはダメMR」と言われかねません。

どちらが正解ということはないかもしれませんが、私の思う優れたMRというのはお客様と触れ合う外勤時間に重点を置く傾向がある気がします。ただし、内勤していないと、仕事をしていないことを疑われるので、真夜中近くまで時間を削って内勤しています。

 

現状として出来る対策としては、日報はパソコンのキーボードを使って入力するので、ブラインドタッチ(キーボードを見ずに入力すること)を修得することなどで、多少内勤時間の短縮ができると思います。

 

諸悪の根源は内勤に時間がかかることです。

もしかしたら今後技術が進んだら、パソコンやITデバイスに話しかけることで日報報告できるようになるかもしれません。

 

そうなったら車の中で運転しながらでも、作業でき、効率はかなり上がりますので、MRが本来の業務に力を入れることができるようになりそうです!

 

もしくは自動運転が実現すれば、内勤業務を車の中でできるようになるかもしれません。

 

 

少し、内勤業務を面倒がる発言をしましたが、先生方にお渡しする資料をシッカリ準備することなどは内勤でも重要な活動です。

またお給料をもらっている限り、やはり会社に自分が何をしているのか報告するというのはやっておいたほうが良い活動かと思います。

 

f:id:gyaosroomformr:20151127100130p:plain

【本日の要点】

日報は自分の活動を会社に報告すること。

内勤と外勤のバランスがカギ。

 

___________________________________

 今日も読んでくださいまして、アリガトウございます♪(*^-^*)

 参考になったという方は、下のスター☆をクリックお願いします↓↓

フェイスブックツイッターでのシェアも大歓迎です!

ご意見やご提案ございます方は、遠慮なくコメントもお願いします。

MRや学生(MR志望者)の方の悩み相談も受け付けております。