読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製薬企業MRのためのギャオスの部屋

現役MRのギャオスが、製薬企業のMRという職業について語っていきます。営業の方のスキルアップにもお役に立てると思う情報を公開していきます。

138、MR経験後にCRO転職

皆さんこんばんは!
製薬企業MRのためのギャオスの部屋にようこそ♪
ブログ管理人のギャオスでございます!
 
本日はキャリアの一つの形ということで
1人の知り合いの方でMR経験後にCROに転職した方の話を共有します。
 
その方とは、仲の良い薬剤師の先生を経由して知り合いになりました。
当時、一緒に飲みにいったりとお世話になったのですが、
最近ひょんなことから再会を果たし、食事に行ってきました。
 
その時に、聴いた話です。
一生MRでいることもキャリアの一つですが、
それ以外の職種に転職したりしていく方も多いので、
何かのご参考になればよいと思います。
 
その方の簡単なキャリアは次の通り。
大学卒業後→①異業種の営業→②欧州系メガファーマのMR
→③米系メガファーマMR→④CRO
 
まずは
①異業種の営業
この時は、工場を周り、車の部品の受注営業を行っていたようです。
MRの時代とは違い、給料も安く、リーマンショックの時には、
景気もわるく、一気に注文をキャンセルがあり、代金の回収に
四苦八苦したようです。
 
②欧州系メガファーマMR
MRがお給料がいいということで、この業界に来たようです。
異業種で営業を経験してきた人は、MRは大変恵まれていると口をそろえて言います。
この時に私とは知り合いになりました。
 
③米系メガファーマMR
評価に関してかなり濃淡がついたようで、成績を残している人ならば
20代後半で所長などになっている人もいたそうです。
逆に成績の悪い人は、田舎の相当数字が悪いところを担当させられ、
そこで成績を挙げられなかったら首になるという話なども教えていただきました。
 
この時に、変な薬剤師の先生に相当絞られたようで、
病院の先生だったそうですが、2時間40分、病院の一室に閉じ込められ
説教された話などを聞かせていただきました。
 
④CRO
現在の担当は、福岡で2件、佐賀・大阪で1件で計4件の病院を担当しており、
MR時代よりも自分にはこっちの方が合っていると言っていました。
 
理由としては、MR時代のような無駄な待ち時間がないということ。
ひと昔前のMRはいかにグレーやブラックなことをして成績を上げるかが
カギだったが、今は何とかならないの?といわれたら「ハッキリNo!」という
必要があることを挙げていました。
(研修の時に、「MR出身のかたは、MR時代のときのようになんとか抜け道を探そうとしたりしないでください(笑)」といわれたようです)
 
研修に関しては全て英語のものなどもあるようで
苦しみながらも、どうにかこうにかこなせているとおっしゃってました。
現在のお仕事はMR時代と違い、基本的に希望しなければ転勤がないので、
結婚したので、非常に有難い雇用体系だとおっしゃってました。
ただし、給料はMRの時代と比較するとかなり下がってしまったようです。
 
CROの基本的なお仕事については、下記サイトをご参照ください。
かなりイメージがつかめると思います。
端的にいえば、製薬企業の開発業務の代行と考えるとよいと思います。

日本CRO協会 | CROを知る

 

MRから異業種への営業はかなり厳しいようですが、

MRからCSOやCROなどへの転職はおおい気がします。

 
働き方も多様化してきているようです。
 
 
 f:id:gyaosroomformr:20160806210435p:image
【本日の要点】
MR経験後にCROに転職した方の話をまとめてみました。
 
【本日の注目記事】
 
 
 
____________________________________
 
 
 
 今日も読んでくださいまして、アリガトウございます♪(*^-^*)
 
 参考になったという方は、下のスター☆をクリックお願いします↓↓
 
 もし更新されたら読みたいという方がいらっしゃいましたら、 
 
是非画面右上の『読者になる』ボタンをクリックお願いします。
 
フェイスブックツイッターでのシェアも大歓迎です!
 
ご意見やご提案ございます方は、遠慮なくコメントもお願いします。
 
MRや学生(MR志望者)の方の悩み相談も受け付けております。
 
もし個別にご質問や相談、コメントございます場合には、
 
twitter で「@gyaosroomformr」アカウント(製薬企業ギャオスの部屋 for MR)
 
にメッセージください!お待ちしております^^
 
【管理人について】
私立大学薬学部(4年制)卒業後、大学院の修士課程修了(薬理学2年)。
外資系製薬企業に入社、MR導入研修を首席で修了(当時のMR認定試験6科目中4科目で1位)、現在もMRとして働いている。エリアの開業医、地域中核病院を担当。5つ以上の新薬上市経験があり、そのうち3回ほど、売上や計画達成率で全国1位になったことがあり、全社表彰は3回受賞。将来は社長もしくは役員になり、自社や業界の矛盾点を正し、真の意味で患者貢献・医療貢献をしていきたいという夢がある。特技は情報収集発信・プレゼン。
趣味は英語・読書・自己啓発・グルメ・MR業界を盛り上げること・MR志望の就活生の相談に乗ること。資格はTOEIC800・薬剤師・MRなど