読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製薬企業MRのためのギャオスの部屋

現役MRのギャオスが、製薬企業のMRという職業について語っていきます。営業の方のスキルアップにもお役に立てると思う情報を公開していきます。

152、製品プロモーターの役割

本日の内容は以上です。
皆さん、こんにちは!
製薬企業MRのためのギャオスの部屋にようこそ♪
ブログ管理人のギャオスでございます!
 
本日は、
製品プロモーター(略:PM)の役割という
タイトルで記事を書きます。
 
製品プロモーターとは何でしょうか?
各社のMRはある単位のチームに属しています。
そのチームはプライマリーであったり、オンコロジーであったりするわけですが、
複数品目を扱うようなMRの場合、
たいていチームにはプロモーターがいます。
 
これはMRが兼任するのですが、
AさんというMRが降圧薬のプロモーターであったり、
BさんというMRは糖尿病薬のプロモーターであったりするわけです。
 
プロモーターはその製品の売り上げを増加させ、ノルマを達成させるのが
主な役割です。
 
では細分化していくと、どのようなことが出来るでしょうか?
私がこれまで見てきたプロモーターがしてきた仕事をお伝えします。
 
・新規資材の案内、話法提案
新しい製品のパンフレットが定期的に出来上がってくるわけですが、
それが発注できるようになったりしたら、それをメールなどでチーム員にお知らせ
したりします。またパンフレットの実際の内容がどのようなものなのか、
会議で案内して、顧客にどのように内容をお伝えしていくか話法を考案したりします。
 
・ターゲット施設の状況フォロー
MRの活動は担当施設も、担当品目も多かったりするため、
上司だけではフォローしきれなかったりします。
その際に、プロモーターはその担当品目の状況だけは、上司に変わって
フォローしたりします。ある意味、上司を助けるアシスタントマネジャーの
ような役割を果たすわけです。
 
・プロモーター会への出席
プロモーターは他の県にいる、同製品のプロモーターと共に
プロモーター会と呼ばれる会議に出席したりします。
そこでは、このようにしたら成功したという成功事例の共有や
共通課題の解決方法について話し合ったりします。
 
・全国の優秀MRの活動共有
少し大変ですが、どの製品にもヤリ手のMRがいます。
全国のMR別の実績を確認し、素晴らしい実績をあげているMRに
電話してどのような活動を展開しているのか、またお勧めの話法があるか
確認し、チーム員に共有します。
 
プロモーターはチーム員の大体の方がしたりするものですが、
PMとも略されるように、
ある種製品の責任者であるプロダクトマネージャー(これもPMと略される)
ぐらいの気持ちをもってやった方がよいと思います。
 
新人でもプロモーターになることはあるので、
その際には先輩などにどのようにしていったらよいか、聴いていくというのが
一般的な方法だと思います。
 
プロモーターはその製品に関しては、上司の代わりの役割も果たすので
マネジメント体験ができます。
たとえ、一つの製品だけでもしっかりマネジメントできた際には、
マネージャーの地位も見えてくると思います。
 
なぜなら、製品が変わろうと活動の基本や仕事の基本が変わることはないからです。
その製品で通用する力をつけたなら、どの製品でも出来るはずです。 
 
参考になったという方、
下記バナーをクリックして是非応援してください♪
 
 
 
 f:id:gyaosroomformr:20160830153741p:image
【本日の要点】
製品のプロモーターは、製品の売り上げアップ、ノルマ達成の役割を担っています。
 
【本日の注目記事】
 
 
____________________________________
 
 
 
 今日も読んでくださいまして、アリガトウございます♪(*^-^*)
 
 参考になったという方は、下のスター☆をクリックお願いします↓↓
 
 もし更新されたら読みたいという方がいらっしゃいましたら、 
 
是非画面右上の『読者になる』ボタンをクリックお願いします。
 
フェイスブックツイッターでのシェアも大歓迎です!
 
ご意見やご提案ございます方は、遠慮なくコメントもお願いします。
 
MRや学生(MR志望者)の方の悩み相談も受け付けております。
 
もし個別にご質問や相談、コメントございます場合には、
 
twitter で「@gyaosroomformr」アカウント(製薬企業ギャオスの部屋 for MR)
 
にメッセージください!お待ちしております^^
 
【管理人について】
私立大学薬学部(4年制)卒業後、大学院の修士課程修了(薬理学2年)。
外資系製薬企業に入社、MR導入研修を首席で修了(当時のMR認定試験6科目中4科目で1位)、現在もMRとして働いている。エリアの開業医、地域中核病院を担当。5つ以上の新薬上市経験があり、そのうち3回ほど、売上や計画達成率で全国1位になったことがあり、全社表彰は3回受賞。将来は社長もしくは役員になり、自社や業界の矛盾点を正し、真の意味で患者貢献・医療貢献をしていきたいという夢がある。特技は情報収集発信・プレゼン。
趣味は英語・読書・自己啓発・グルメ・MR業界を盛り上げること・MR志望の就活生の相談に乗ること。資格はTOEIC800・薬剤師・MRなど