読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製薬企業MRのためのギャオスの部屋

現役MRのギャオスが、製薬企業のMRという職業について語っていきます。営業の方のスキルアップにもお役に立てると思う情報を公開していきます。

177、FAQ(学生の方から多いご質問)

皆さん、こんばんは!
製薬企業MRのためのギャオスの部屋にようこそ♪
ブログ管理人のギャオスでございます!
 
本日は就活生の方から、よくいただくご質問をまとめて
記事にしてみようかなと思います。
 
 
Q1、MRになりたいけれども数字の追求が怖いです。なって大丈夫でしょうか?
A1、大丈夫かどうかはあなた次第です。数字はあくまでもMRの評価の一端でしかないです。あなたが本気で医療や患者さんに貢献したいという想いがあるのであれば、私はMRになることをお勧めします。
まじめで誠実な方であれば誰でもMRは出来ると思います。MRは一般的にいう営業マンとはすこし違いますので、口が上手いから=売れるとは思わないでください。社会人で初めに経験する職業としてMRはとても良いと思います。なぜなら製薬企業はかなり人を育成するシステムが充実していて、いろいろなトレーニングを積めるからです。MRになって、努力すれば、「クスリ」と「コミュニケーション」のプロに同時になることが可能です。
 
 
Q2、MRから他部署への異動は可能でしょうか?
A2、可能だと思います。新卒で100人入社したとしたら、5年後にMRでいる人数は
90人ぐらい、10人ぐらいは他部署に移っています。20人ぐらいはやめてますかね(笑)
定年までMRをしている人となると、さらに少なくなります。
会社のどの機能を担う部署に異動したいかによっても、人気度が異なるので異動のしやすさは変わってくるものと思われます。また職種が違えば求められる能力も変わります。
 
 
Q3、英語は出来た方がいいですか?またどのように活かすことが出来ますか?
A3、出来た方がいいです!Q2の質問にも関連しますが、これからは英語ができないと他部署へ異動は難しいですし、例え移動できても苦労するそうです。MRで活かすとするならば、現状「英語文献」や「海外学会参加時の発表」の理解だけだと私は思います。MSLなどを目指す方も文献に触れる機会がおおくなるので、英語は出来た方がよいです。外資系だと本社のテレカン(テレビカンファレンス)が入ったりするので、話す・聞くまでできた方がいいそうです。
 
 
Q4、内定を何社かからもらい、迷っています。アドバイスしてもらえませんか?
A4、アドバイスします!ただ最終的なご判断はご自身でお願いします。自分で最後の判断をしないと絶対に後悔します!一般的なお話をすると、各社の開発パイプラインをホームページでご覧になり、興味がある疾患の薬などを扱っている企業を目指すのもよいと思います。
社風も会社によって違うので、自分にその会社の社風が合うかどうかはかなり重要です。
私の場合は、大学受験の時に処方された薬に恩義を感じて、今の会社に就職しました。
内定している会社のイメージをお伝えしたり、知り合いがいる会社であれば現役社員の方をご紹介することも可能です。
 
 
Q5、晴れて内定獲得し入社する会社も決めました。これから入社するまでに時間もあるので、今のうちにやっておいた方がよいことを教えてもらえないでしょうか?
A5、MR認定試験は新人が絶対に通る壁なので、MR認定センターが発行しているMRテキストを買って読んでみてはいかがでしょうか?主要製品の添付文書を読むのもおすすめです。もしわかりにくければ、会社のホームページで患者向けのページを見てみると一般人でもわかりやすく書いてあります。また社会人としての基礎を学ぶのもよいかもしれません。
(敬語・プレゼン・ホウレンソウのやりかた)
最後の学生時代を謳歌することももちろん重要で、たくさん友達と遊んだり学生のうちでしかできない経験もしてほしいのですが、準備は早ければ早いほど良いことは間違いありません。最初の数か月の研修の出来不出来で配属する場所も左右される気さえしています。
(ちなみに私の場合は、MRテキストを3回程度読んで、3年分ぐらいの過去問を5回ぐらい繰り返し、入社までにMR認定試験に合格できるレベルに達していたと思います。それでも全然現場でMRをするには不十分なレベルでしたが、他のMRよりも有利だなとは感じました)
以前「内定後何をすべきか?」というブログも書いておりますので、そちらもご覧下さい!
 
Q6、MRには患者さんに合わせた治療薬の提案ができますか?また医師の疾患に対しての考えを変えることはできますか?
A6、できます!むしろできないMRは今後生き残っていけないです。
1人1人の患者さんの状態を聞き取って、最適と思われる治療提案をしていくことをOPDと言います。もしよかったら下記にOPDの本をご紹介しますので、読んでみてはいかがでしょうか?
 

 
本日の内容は以上です。
 
参考になったという方、
下記バナーをクリックして是非応援してください♪
 
 
 
 

f:id:gyaosroomformr:20161018183053p:plain

 
 

 

【本日の要点】
 学生の方から多いご質問に対しての回答をざっくりとまとめてみました。
あくまで、ここに書ける範囲での情報ですので、もっと詳しい情報知りたい場合は、
twitter で「@gyaosroomformr」アカウント(製薬企業ギャオスの部屋 for MR)
 までメッセージお願いします。
 
【本日の注目記事】
 
____________________________________
 
 
 
 今日も読んでくださいまして、アリガトウございます♪(*^-^*)
 
 参考になったという方は、下のスター☆をクリックお願いします↓↓
 
 もし更新されたら読みたいという方がいらっしゃいましたら、 
 
是非画面右上の『読者になる』ボタンをクリックお願いします。
 
フェイスブックツイッターでのシェアも大歓迎です!
 
ご意見やご提案ございます方は、遠慮なくコメントもお願いします。
 
MRや学生(MR志望者)の方の悩み相談も受け付けております。
 
もし個別にご質問や相談、コメントございます場合には、
 
twitter で「@gyaosroomformr」アカウント(製薬企業ギャオスの部屋 for MR)
 
にメッセージください!お待ちしております^^
 
【管理人について】
私立大学薬学部(4年制)卒業後、大学院の修士課程修了(薬理学2年)。
外資系製薬企業に入社、MR導入研修を首席で修了(当時のMR認定試験6科目中4科目で1位)、現在もMRとして働いている。エリアの開業医、地域中核病院を担当。5つ以上の新薬上市経験があり、そのうち3回ほど、売上や計画達成率で全国1位になったことがあり、全社表彰は3回受賞。将来は社長もしくは役員になり、自社や業界の矛盾点を正し、真の意味で患者貢献・医療貢献をしていきたいという夢がある。特技は情報収集発信・プレゼン。
趣味は英語・読書・自己啓発・グルメ・MR業界を盛り上げること・MR志望の就活生の相談に乗ること。資格はTOEIC800・薬剤師・MRなど