読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製薬企業MRのためのギャオスの部屋

現役MRのギャオスが、製薬企業のMRという職業について語っていきます。営業の方のスキルアップにもお役に立てると思う情報を公開していきます。

190、ポリファーマシー

皆さんおはようございます!
製薬企業MRのためのギャオスの部屋にようこそ♪
ブログ管理人のギャオスでございます!
 
 
本日のテーマは
______________
   ポリファーマシー
______________
です。
 
ポリファーマシーとは何を意味するのでしょう?
 
英語を勉強している方なら、
何となく意味は理解できるでしょう。
 
というか、もう日本でかなり使われている用語なので
相当なじみ深い言葉になってきつつあると思います。
 
意味を説明すると、
poly(ポリ)は「多くの」という意味
pharmacy(ファーマシー)は「調剤」という意味、
合わせると、
一人の患者さんに対してたくさん薬が処方されていることです。
 
 
目安で言うと、4剤以上らしいです(wikipedia参照)
 
 
なんでこんなことを取り上げたかと言いますと、
日本においてもこのポリファーマシーが
取り上げられるようになってきたからです。
 
 
むやみやたらと薬が処方されるのを減らす「減薬(げんやく)」
という取り組みが特に薬剤師に期待されています。
 
 
ポリファーマシーの背景や問題点としては、
日本の医療費が増大しすぎていて、医療費を下げるために行っていたり、
沢山の薬剤を飲みすぎると有害事象が増えたり、クスリを代謝するために
腎臓や肝臓に負担がかかり逆に患者さんが不健康になるのではないかという
ところから取り上げられるようになったのだと思います。
 
 
では、がんがん処方されている薬を減らしていけばいいでしょうか?
 
勿論、そんなことは良いわけありません。
クスリが世界の人々の健康に大きく寄与していることは
疑いようもない事実です。
 
特に日本においては、平均寿命は今や世界1位、
薬剤の売り上げも世界2位とか3位です。
 
それだけ薬剤が処方されているからこそ、
高い平均寿命をキープできている可能性は否めません。 
 
 
ですから、処方薬を減らすことを検討する際には、
エビデンスに基づいて減らしていく必要があります。
 
 
以前、ポリファーマシーの日本の第一人者ともいえる
徳田 安春(とくだ やすはる)先生のご講演をお聞きしました。
 
 
その際にも、下記二つの本を勧めていたのでここでご紹介しておきます。

 
 
他にも、「ポリファーマシー」で検索すると、
色々な記事や本もございますので、勉強してみるのもよいと思います。
 
 
こういった話は、特に薬剤師の先生方と議論を深めるのには
格好のテーマだと思います。
2016年からは、薬剤師が減薬にかかわった場合、
「点数」も算定できるようになっていて、興味の深い話題だと思います。
 
 
一度話題として振ってみて、
薬剤師の先生方のお考えを伺ってみてはいかがでしょうか?
 
 
その考えを踏まえ、ドクターと薬剤師を橋渡しするような活動が行えれば、
あなたのMRとしての強さは更にもう一段階上がっていくと思います。
 
 
MRはヒトとヒトとをつなげられる職業です。
是非MRの強みを、ポリファーマシーの問題を解決する際にも
活かしていってもらいたいと思います。 
 
 
 マイナビにも、ポリファーマシーに関しての記事が既に投稿されていました。
私は学生時代に使用した就活サイトは、マイナビだったか不明ですが、
このサイトは本当にMRになる人には役に立つのではないかと思います。
 
まずは下記記事を読んでみたり、「ポリファーマシー」で検索し、
色々な記事を読むところから始めてみてください!
 
 
 今日も読んでいただき、ありがとうございました!
 
 
本日の内容は以上です!
 
参考になったという方、
下記バナーをクリックして是非応援してください♪
 
 
 

f:id:gyaosroomformr:20161104090607p:plain

 
 
【本日の要点】
 ポリファーマシーは簡潔に述べると多剤処方のこと。
医療費抑制や、特に高齢者の患者さんの無駄な医療の軽減、副作用発現率低下に
寄与することができると考えられます。
 
 
 【本日の注目記事】
 
____________________________________
 
 
 
 今日も読んでくださいまして、アリガトウございます♪(*^-^*)
 
 参考になったという方は、下のスター☆をクリックお願いします↓↓
 
 もし更新されたら読みたいという方がいらっしゃいましたら、 
 
是非画面右上の『読者になる』ボタンをクリックお願いします。
 
フェイスブックツイッターでのシェアも大歓迎です!
 
ご意見やご提案ございます方は、遠慮なくコメントもお願いします。
 
MRや学生(MR志望者)の方の悩み相談も受け付けております。
 
もし個別にご質問や相談、コメントございます場合には、
 
twitter で「@gyaosroomformr」アカウント(製薬企業ギャオスの部屋 for MR)
 
にメッセージください!お待ちしております^^
 
【管理人について】
私立大学薬学部(4年制)卒業後、大学院の修士課程修了(薬理学2年)。
外資系製薬企業に入社、MR導入研修を首席で修了(当時のMR認定試験6科目中4科目で1位)、現在もMRとして働いている。エリアの開業医、地域中核病院を担当。5つ以上の新薬上市経験があり、そのうち3回ほど、売上や計画達成率で全国1位になったことがあり、全社表彰は3回受賞。将来は社長もしくは役員になり、自社や業界の矛盾点を正し、真の意味で患者貢献・医療貢献をしていきたいという夢がある。特技は情報収集発信・プレゼン。
趣味は英語・読書・自己啓発・グルメ・MR業界を盛り上げること・MR志望の就活生の相談に乗ること。資格はTOEIC800・薬剤師・MR・薬学検定1級・漢検2級など