読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製薬企業MRのためのギャオスの部屋

現役MRのギャオスが、製薬企業のMRという職業について語っていきます。営業の方のスキルアップにもお役に立てると思う情報を公開していきます。

220、MR認定試験

皆さん、こんにちは!

製薬企業MRのためのギャオスの部屋にようこそ♪

ブログ管理人のギャオスでございます!

 

 

本日のテーマは

__________

  MR認定試験

__________

です!

 

先日のMR内定者の方と面談した際に、

MR認定試験の話にもなりましたので、

今回のテーマさせていただきました。

 

詳しいことは公益財団法人 MR認定センターのホームページを

見てもらうのが一番わかりやすいと思いますし、

確かな情報が得られると思います。↓↓

MR認定試験の受験申請 : MR認定制度 : MR認定制度について : 公益財団法人MR認定センター(旧財団法人医薬情報担当者教育センター)

 

ただ、いくつか知っておいた方がよいと思うものを

補足しておこうということで記事にしています。

 

◆MR認定試験の日程は、12月第二週日曜日、会場は東京・大阪

 

◆以前6科目あり、①医薬概論②疾病と治療③薬理学④薬剤学⑤PMS⑥添付文書の6科目で

医師・歯科医師・薬剤師は②③④の3科目が免除されました。

現在は3科目になっており、①医薬概論②疾病と治療③医薬品情報になっています。

この中で医師・歯科医師・薬剤師が免除されるのは、②と③の2科目です。

現在の医薬概論は以前の医薬概論とPMSを合わせたもの、

医薬品情報は以前の薬理学・薬剤学・添付文書を合わせたもの、

という理解になると思います。

 

少し以前の6科目のものと3科目に変更になってからの

違いがごちゃごちゃになっている方がいそうだったので伝えておきました。

 

合格発表は大体、1月下旬ですね!

MR1年目の一番の仕事は、大体この試験に合格することなります。

 

基本的に、製薬企業に属している人たちは申し込みは

みんなで一緒にするので忘れることはないと思います。

 

晴れて合格すると、

MR認定証というカードとMRバッジをもらえます。

認定証とバッジはもらえたのは、私たちのころ2011年?は4月頃でした。

 

MRの資格というのは、

他社に転職する際にも、ほぼ必須となりますので、

是非合格しましょう!

普通に勉強していれば、普通に合格できます。

 

少し理解深まりましたでしょうか?

 

 本日の内容は以上です!

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 
参考になったという方、
下記バナーをクリックして是非応援してください♪

 

 

 

 

 

f:id:gyaosroomformr:20170109123105p:plain

 

 

 

 

 

 
【本日の要点】
MR認定試験の補足情報をお伝えしています。 
 
 【本日の注目記事】
____________________________________
 
 
 
 今日も読んでくださいまして、アリガトウございます♪(*^-^*)
 
 参考になったという方は、下のスター☆をクリックお願いします↓↓
 
 もし更新されたら読みたいという方がいらっしゃいましたら、 
 
是非画面右上の『読者になる』ボタンをクリックお願いします。
 
フェイスブックツイッターでのシェアも大歓迎です!
 
ご意見やご提案ございます方は、遠慮なくコメントもお願いします。
 
MRや学生(MR志望者)の方の悩み相談も受け付けております。
 
もし個別にご質問や相談、コメントございます場合には、
 
twitter で「@gyaosroomformr」アカウント(製薬企業ギャオスの部屋 for MR)
 
にメッセージください!お待ちしております^^
 
【管理人について】
私立大学薬学部(4年制)卒業後、大学院の修士課程修了(薬理学2年)。
外資系製薬企業に入社、MR導入研修を首席で修了(当時のMR認定試験6科目中4科目で1位)、現在もMRとして働いている。エリアの開業医、地域中核病院を担当。5つ以上の新薬上市経験があり、そのうち3回ほど、売上や計画達成率で全国1位になったことがあり、全社表彰は3回受賞。将来は社長もしくは役員になり、自社や業界の矛盾点を正し、真の意味で患者貢献・医療貢献をしていきたいという夢がある。特技は情報収集発信・プレゼン。
趣味は英語・読書・自己啓発・グルメ・MR業界を盛り上げること・MR志望の就活生の相談に乗ること。資格はTOEIC800・薬剤師・MR・薬学検定1級・漢検2級など