製薬企業MRのためのギャオスの部屋

現役MRのギャオスが、製薬企業のMRという職業について語っていきます。営業の方のスキルアップにもお役に立てると思う情報を公開していきます。

332、大学担当MRが語る「最速で新薬を採用させた方法」

皆さん、おはようございます!

製薬企業MRのためのギャオスの部屋にようこそ♪

ブログ管理人のギャオスでございます!

 

 

本日のテーマは

============================

  大学担当MRが語る「最速で新薬を採用させた方法」

============================

です!

 

本題に入る前にお知らせです。

◆メルマガ始めました!

内容は、業界のニュースを一つ取り上げ、

私の解釈や意見を追加しているというものです。

下記URLからメルマガを送ってほしい「メールアドレス」を入力して、

『登録』ボタンを押すと簡単にご登録いただけます。

是非今すぐご登録ください(無料)➡ 検索結果 - まぐまぐ!

50名の読者の方にお読みいただいてます!ありがとうございます! 

 

それでは本題に入ります。

 

先日、東京から他社MRの友達が遊びに来ました。

 

かれは、

以前インタビュー記事にも登場したMRです。

 

内資系の製薬企業の大学担当MRです。

競合の激しいDPP-4 市場で全国1位の売り上げを

残したヤリ手MRです。

 

そんな彼、4月から

別の大学病院に移りました。

 

そして6月発売の新薬を2つ

最速で採用させたそうです。

 

素晴らしいですね!

どうやったか知りたくないですか?

 

私はとても知りたかったので、

かれに直接お願いして、聴かせてもらいました。

 

「最速で採用させられた理由は

自分ではどういう風に分析してる?」

 

具体的なノウハウ的な話は

ほとんどありませんでしたが、

彼の回答はこうでした。

 

「それまでの大学病院担当はMR3人で担当していた。

しかし4月から担当した大学病院はMR1人だけだったんだよ。

だから今まで以上に本気になり、物事を自分事として

捉えることが出来るようになったからだと思う。

あとは前任の先輩が凄くできるヒトだったからその恩恵も

あったかも。」

 

先輩もたてるあたり、謙虚ですね!

本気になるって、

確かに重要なファクターなんだろうなと思います。

 

本気になっていないような人間に、

相手だって本気になってくれるはずはありません。

 

本気になった人間の言葉は、

熱意が宿り、魂がこもります。

勢いが違います。

 

「そんな精神論いわれても。。」

と思う方もいるかもしれません。。

 

じゃあその精神論が出来てる人って

どれだけいるんでしょうね!?

というお話になってくるわけですよ。

 

具体的な手法を一つも上げないと、

参考にならないという方もいるかもしれないので、

一つだけ彼から聞いた事例を挙げておきます。

 

彼は発売までに社内に講師に招いて、

関係者に5回講演してもらったそうです。

これはかなりの回数です。これぐらい

本気でやってるかどうかってことでしょうね。

それ以外に、自分自身が主管の講演会は年8回

やっています。

 

正直働きすぎだろ。。大丈夫か?

とも思ったのですが。

 

かれは本当に土日も含めてほぼすべてを

仕事に費やしているようでした。 

これが本気ってことです。

分かっていただけましたかね?

 

製薬業界の課題含め、

彼とは意見を交わしました。

 

中々有意義な飲み会でした。

私は最近マンツーマンで飲み会をすることが

多くなってきています。

 

理由は人数が増えて

3,4人になると余程ビジョンが

共有できているような人物じゃない限り、

下らない話に話題がずれていくからです。

 

マンツーマンなら、

本気の話が出来ますね!

 

そういえば、

一つ思ったことがあります。

 

例えば、

あなたの周りにヤリ手のMRさんがいたとして、

貴方はその方にやり方とかアドバイスを求めますか?

 

これをしていなかったら、

相当勿体ないですよ!

 

あなた方が思っている

その人の凄いところ以外にも、

その方の凄い部分は、

実はたくさんあるはずです。

 

それは質問したり、教えを請うことで、

初めてわかったりするものです。

 

アナタが相手を観察して、

スキルを盗んだりしようと思うのも大事ですが、

それだけじゃあ

全部は把握できるもんじゃあございません。

 

聴かれて悪い気持ちがする人はいないはずです。

是非、直接聞いてみることをオススメします。

 

例えば表彰されているようなMRは他のMRとは

何か違うから表彰されているわけです。

 

にもかかわらず、負けん気根性で、

「アイツは運がいい」と捨て台詞を吐いたりする人の

なんと多いことか。

 

素直に聞いてみてください!

 

 

一時恥をかくぐらいいいでしょう!?

(というか、恥にすらなりません。。)

 

自分の価値観で物事考えていって、

今の結果なんでしょ!?

 

それじゃ、未来は、

あなたの思考の延長線上にしかなりませんよ!

 

この言葉が多くのMRさんに響いてくれることを

祈っています。

 

本当に勿体ない人が多すぎると思うんで、

つい本音をぶちまけてしまいましたね。

 

本日の内容は以上です!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

参考になったという方、
下記バナーをクリックして是非応援してください♪

 

 

  

 

 

 

 

 

 

f:id:gyaosroomformr:20170812132437j:plain

 

 

 

 
【本日の要点】
 大学担当MRが語った「最速で新薬を採用させた方法」
を紹介しました。
 
 
【本日の注目記事】

1500名のフリーランスと話をしてわかった、「売れるフリーランス」と「売れないフリーランス」の決定的なちがい | Books&Apps

 

難治白血病から9割生還 がん治療・解体新書 第2部(1) :日本経済新聞

 

選択的JAK阻害剤登場でRA治療は変わるか-リリーがセミナー開催 - QLifePro 医療ニュース

 

元・厚労省官僚が推し進める、現場からの医療イノベーション | coFFeedoctors

 

【編集後記】

 1万時間の努力の証明。

プロであることの一つの指標でよく言われるのが、

1万時間その仕事をしているか、努力しているかです。

これは日本人だと藤原和博さんが提唱していますね。

MRだったら、残業時間しだいですが、5年ぐらいですかね!

プロとしてどのような姿になるのか、5年ぐらい働いたら、

適性も分かってくるかもしれないですね。

ただ単純に1万時間といってしまっても、

その1万時間のやり方や考え方は人それぞれ。

そう考えると安易に1万時間と言ってしまうのも、

問題かもしれませんね。

 ____________________________________

 
 
 
 今日も読んでくださいまして、アリガトウございます♪(*^-^*)
 
 参考になったという方は、下のスター☆をクリックお願いします↓↓
 
 もし更新されたら読みたいという方がいらっしゃいましたら、 
 
是非画面右上の『読者になる』ボタンをクリックお願いします。
 
フェイスブックツイッターでのシェアも大歓迎です!
 
ご意見やご提案ございます方は、遠慮なくコメントもお願いします。
 
MRや学生(MR志望者)の方の悩み相談も受け付けております。
 
もし個別にご質問や相談、コメントございます場合には、
 
twitter で「@gyaosroomformr」アカウント(製薬企業ギャオスの部屋 for MR)
 
にメッセージください!お待ちしております^^
 
【管理人について】
私立大学薬学部(4年制)卒業後、大学院の修士課程修了(薬理学2年)。
外資系製薬企業に入社、MR導入研修を首席で修了(当時のMR認定試験6科目中4科目で1位)、現在もMRとして働いている。エリアの開業医、地域中核病院を担当。5つ以上の新薬上市経験があり、そのうち3回ほど、売上や計画達成率で全国1位になったことがあり、全社表彰は3回受賞。将来は社長もしくは役員になり、自社や業界の矛盾点を正し、真の意味で患者貢献・医療貢献をしていきたいという夢がある。特技は情報収集発信・プレゼン。
趣味は英語・読書・自己啓発・グルメ・MR業界を盛り上げること・MR志望の就活生の相談に乗ること。資格はTOEIC800・(認定)薬剤師・MR・薬学検定1級・漢検2級など