読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製薬企業MRのためのギャオスの部屋

現役MRのギャオスが、製薬企業のMRという職業について語っていきます。営業の方のスキルアップにもお役に立てると思う情報を公開していきます。

121、ヘッドハンティング

皆さんこんにちは!

製薬企業MRのためのギャオスの部屋にようこそ♪
ブログ管理人のギャオスでございます!
 
 
本日は、ヘッドハンティングについて
記事を書いてみようと思います!
 
まずヘッドハンティングって、どういうことをいうのか
説明できますでしょうか?
 
私も漠然としていたのですが、
要は「企業からあの人がほしいと依頼を受けたヘッドハンターという人たちが、
その人にいい話があるんですが。。といって、打診すること」
と説明できます。
 
下記のサイトでも意味を紹介してます。
 
 私も全社での表彰を何度かされたことがあるのですが、
そのあたりから、ヘッドハンティングの電話がかかってくることが多くなりました。
どこかから情報が洩れるんでしょうね。。
(あと口コミとかで広がった情報でも
ヘッドハンティングされたりすることがあるみたいです。by 某転職者) 
 
どこから調べてくるのかわからないんですが、
会社のケータイとかに電話してくるわけです。
 
一回はうちのオフィスに電話してきて、困りました。。 
オフィスで電話でて、切った後に
ヘッドハンティングの電話でした」とか周りに言いにくいですからね。
 
私は現在は、今勤めている会社以外は考えていないという状況なのですが、
「必要とされている」ということに関しては悪い気はしないです。
「ついに私にもそういう話が来たか!」とかなんか選ばれたような感覚に
襲われるわけです。(勘違いもいいとこですね^^;) 
 
ちなみに、
ヘッドハンティング以外にも、転職の方法はもちろんあります。
 
業界の中での自分の市場価値を試すという意味では
転職サイトなどに登録してみるのもよいかもしれませんね。
 
会社にあまりこだわりはなく、
どんどんヘッドハンティングされたいという方は
ビズリーチやキャリアカーバーなどのハイクラス人材向けのサイトに登録するのも
良いかもしれないです。
 
あともう一つ最近メールなどでヘッドハンティングの連絡がくるようになった
ツテとして、Linkedin(リンクトイン)があります。
 
これはフェイスブックのビジネス版のようなイメージで、
リクルーターがかなりいるので、自分の情報を登録しておくと
興味があるリクルーターが自分のページを閲覧して
場合によっては連絡してくるというものです。
 
 MRは転職が非常に一般的になってきている職種で、
同期入社のMRももうすでに他社に5人ぐらい転職しています。
(多くは配属地の都合によるCSO入社です。)
 
ヘッドハンティングって敷居が高いというイメージがあるかもしれませんが、
どうやらかなり一般的になってきていることのようです。
 
そう考えると、ヘッドハンティングされたからと言って、
「私イケてるぜ~♪」とか思わない方がよさそうです^^;
 
ヘッドハンティングに似た採用方法で、
他社のMRを通じて、現場レベルで引き抜かれるなんてケースもあります。
 
私もこれまで他社MRとか薬局で「うちで働かないか?」と
言われたことが何回かあります。
 
しまいには、コンサル会社とか生保からなど、他業界からも話があったりします。
MRはMR以外の業界では使い物にならないと言われていますが、
案外、欲されている人材なのかもと思っています。
 
 
日本の新卒一括採用というような手法は欧米ではあまり一般的ではないようですので、
上にあげたようなパターンも含め、人材の流動化や雇用方法の多様化がますます
進みそうな予感(というか実感)がありますね。
 
MRとして働く以上、一つの選択肢として
転職という手段があることは頭に入れておいてもよいかもしれません。
 
 
最後に、知り合いから聞いた噂程度の話を一つご紹介します。
 
外資製薬企業のエグゼクティブ層でのヘッドハンティングとなると
給料はどのくらいになるのでしょうか?
会社によっては「あなたの言い値(いいね)でよい」と言ってくるそうです。
言い値?、つまりあなたが欲しい金額をお支払いしますよということです。
流石に限度はあるとおもいますが。。
 
更に、移籍金だけで億単位のお金がもらえるそうですよ。
 
お金だけで仕事を選びたくはないですが、こんな話を聞くとそんな世界があるのか。。
とぽか~んとしてしまいますね^^;
 
本日の内容は以上です。
 
 
参考になったという方、
下記バナーをクリックして是非応援してください♪
 
【本日の要点】
 ヘッドハンティングの方法は電話が主流?と思われます。
以前より一般化してきているようです。
転職するためには、転職サイトやLinkedinなどのインターネットツールがございます。 
 
【本日の注目記事】
 
 
 
____________________________________
 
 
 
 今日も読んでくださいまして、アリガトウございます♪(*^-^*)
 
 参考になったという方は、下のスター☆をクリックお願いします↓↓
 
 もし更新されたら読みたいという方がいらっしゃいましたら、 
 
是非画面右上の『読者になる』ボタンをクリックお願いします。
 
フェイスブックツイッターでのシェアも大歓迎です!
 
ご意見やご提案ございます方は、遠慮なくコメントもお願いします。
 
MRや学生(MR志望者)の方の悩み相談も受け付けております。
 
もし個別にご質問や相談、コメントございます場合には、
 
twitter で「@gyaosroomformr」アカウント(製薬企業ギャオスの部屋 for MR)
 
にメッセージください!お待ちしております^^
 
【管理人について】
私立大学薬学部(4年制)卒業後、大学院の修士課程修了(薬理学2年)。
外資系製薬企業に入社、MR導入研修を首席で修了(当時のMR認定試験6科目中4科目で1位)、現在もMRとして働いている。エリアの開業医、地域中核病院を担当。5つ以上の新薬上市経験があり、そのうち3回ほど、売上や計画達成率で全国1位になったことがあり、全社表彰は3回受賞。将来は社長もしくは役員になり、自社や業界の矛盾点を正し、真の意味で患者貢献・医療貢献をしていきたいという夢がある。特技は情報収集発信・プレゼン。
趣味は英語・読書・自己啓発・グルメ・MR業界を盛り上げること・MR志望の就活生の相談に乗ること。資格はTOEIC800・薬剤師・MRなど